« 人は仕事で磨かれる | トップページ | 現代日本の投票行動 »

2005年5月24日 (火)

稼ぐ人、安い人、余る人―仕事で幸せになる

■ 書籍情報

稼ぐ人、安い人、余る人―仕事で幸せになる   【稼ぐ人、安い人、余る人―仕事で幸せになる】

  キャメルヤマモト
  価格: ¥600 (税込)
  幻冬舎(2003/09)

 本書は、ワトソン・ワイアットの人材・組織コンサルタントの著者による人材の3類型を前面に出したベストセラーです。あとがきによれば、元々は「子供の教育にビジネス人材論から切り込む」ことを目的に書き始めたものを、ビジネス人材論をメインにした内容に変更したそうです。そのため、本書を自分に引き当てて読んでも身につまされる思いをすることが多いかもしれませんが、本書で示されているグローバル・タレントに必要な「7つの才」を自分に子供に身に付けさせるにはどうしたらいいか、という視点で読むと、教育に対する見方が変わるかもしれません。
 タイトルになっている「稼ぐ人・安い人・余る人」とは、
・稼ぐ人(登山者:Clibmer):市場に評価される成果をコンスタントに出して、会社にとって稼ぎ頭になっているような人。
・安い人(安住者:Camper):企業への貢献以上の給与をもらっている人。
・余る人(脱落者:Quitter):安い報酬で主に定型的な仕事に従事する人。
と説明されています。
 では、どうすれば稼ぐ人になれるのでしょうか。著者は、「7つの才」を示しています。
(1) 志が高く明確である。
(2) 現実を直視する力。
(3) 成果へのインスピレーションがわく。
(4) 失敗しながらやりぬくタフネス。
(5) リードしリードされる。
(6) 学習が早い。
(7) 仕事で遊んでいる。
 これらはハイパフォーマーに必要なコア部分のコンピテンシーを優しく噛み砕いたものと見ることもできます。もともと本書の下敷きになっているのは、著者がワトソン・ワイアットでの「人材鑑定」インタビューで数多くの稼ぐ人から成果を生み出す行動を聞き取ってきた内容です。
 世に多く出ている「コンピテンシー本」のように、コンピテンシーの由来や学説を紹介しているものよりも、本書の「稼ぐ人・安い人・余る人」のカテゴリー分けの方が我が身にグッと来る分だけ伝わりやすいのではないかと思います。


■ 個人的な視点から

 2年ほど前に、広島県東京事務所で著者にお会いしたことがありますが、名前の由来どおりラクダのような優しい目をした方でした。
 「外資系人材・組織コンサルタント」というと、非情でドライな社風をイメージする方もいるかもしれませんが、著者の所属しているワトソン・ワイアットは、とても家族的な社風だそうです。最近の日本企業では、「社員旅行なんて前時代的だ」という雰囲気がありますが、ワトソン・ワイアットでは、社員だけでなく家族同伴の旅行やパーティを行っているそうです(淡輪社長のキャラクターなのかもしれませんが)。米国企業の例では、『隠れた人材価値』でも、社員を大切にする企業が、社員の家族同伴のパーティを頻繁に行っていることが紹介されています。
 そういえば私の職場(20人くらい)でも、毎年1泊2日で旅行に行ったり、自宅の庭で家族も連れたバーベキューパーティーを開いたりしています(何しろ田舎ですから。)。私の部屋に集まったときには手打ちピザを作りました。デロンギのオーブンにはピザストーンがついているのでカリッとしたピザを焼くことができます。残念ながら頭の上で回したりするのは苦手です。部屋中粉だらけになりますので。


■ どんな人にオススメ?

・自分が「余る人」かもしれない、と不安に思っている人。
 ・「稼ぐ人』を目指している人。


■ 関連しそうな本

 キャメルヤマモト 『コツコツ働いても年収300万、好きな事だけして年収1000万―シリコンバレーで学んだプロの仕事術』
 淡輪 敬三 『ビジネスマンプロ化宣言―自分の人事権は自分で握れ!』
 金井 壽宏 『働くひとのためのキャリア・デザイン』 2005年01月30日
 小池 和男 『日本の雇用システム―その普遍性と強み』 2005年04月06日
 チャールズ オライリー , ジェフリー フェファー (著), 広田 里子, 有賀 裕子 (翻訳), 長谷川 喜一郎 『隠れた人材価値―高業績を続ける組織の秘密』 2005年02月03日

(オーブン)
 DeLonghi 『コンベクションオーブン 95FL』


■ 百夜百マンガ

ドラえもん (2)【ドラえもん (2) 】

 2巻になってドラえもんの体型は現在のものに落ち着きました。
 名作「ぼくの生まれた日」が収録されています。子供の名前は、結構いい加減に決める人もいれば、過剰に親の夢が凝縮された名前を付けられちゃう場合もあります。あんまり期待されすぎると子供もプレッシャーを感じちゃいますね。
 定番アイテムになる「タイムふろしき」も収録されています。

« 人は仕事で磨かれる | トップページ | 現代日本の投票行動 »

キャリアデザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244312/30599122

この記事へのトラックバック一覧です: 稼ぐ人、安い人、余る人―仕事で幸せになる:

« 人は仕事で磨かれる | トップページ | 現代日本の投票行動 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ