« 倭人伝、古事記の正体 卑弥呼と古代王権のルーツ | トップページ | 出版・新聞絶望未来 »

2014年1月12日 (日)

科学技術をよく考えるクリティカルシンキング練習帳

a■ 書籍情報

科学技術をよく考えるクリティカルシンキング練習帳   【科学技術をよく考えるクリティカルシンキング練習帳】(#2249)

  伊勢田 哲治, 戸田山 和久, 調 麻佐志, 村上 祐子
  価格: ¥2940 (税込)
  名古屋大学出版会(2013/4/11)

 本書は、「科学技術について、特に社会とかかわりの強い側面について、きちんと考えられるためのスキルや知識を身につけてもらうことを目的」としたものです。本書は、「科学技術についてよく考える」ための手助けとして、
(1)クリティカルシンキング(Critical Thinking:CT):他人の主張をうのみにすることなく、吟味し評価するための方法論
(2)科学技術社会論(Science, Technology and Society:STS):科学技術と社会の関係について研究・教育・実践する分野
という分野の知見をミックスして利用していることが特徴です。
 ユニット1「遺伝子組み換え作物」では、「議論の構造がわからないかぎり、議論を批判的に吟味することはできない」として、「議論の構造を特定するスキルは批判的思考の基礎をなすもの」だと述べています。
 ユニット3「喫煙を認めるか否か」では、自由主義の原則について、「(1)判断能力のある大人なら、(2)自分の生命、身体、財産にかんして、(3)他人に危害を及ぼさない限り、(4)たとえその決定が当人にとって不利益なことでも、(5)自己決定の権限を持つ」とする加藤尚武による定式化を紹介した上で、「パターナリズム」について、「当人の利益のために、当人の意思にかかわらず、当人の行動に干渉すること」とした上で、「パターナリズムの正当化には、合理的な人間であればその後でその介入に同意できるか、当人の人格的統合性に即した介入か」などの様々な議論があるとしています。
 ユニット4「乳がん検診を推進するべきか」では、「人の意見が対立するにあたっては、さまざまなパターンが有る」として、
(1)言葉づかいの違いによる対立
(2)事実についての対立
(3)価値や規範についての対立
(4)問題の見方についての対立
の4点を挙げています。
 ユニット5「血液型性格判断」では、「科学的理論・真理そのものに含まれる文化的要素の有無については議論の余地が存在するが、研究に関する営みや科学理論の適用に関して社会的な意思決定が行われる際には、必ず文化的・社会的な価値及び評価がその言説には含まれる」と述べています。
 ユニット6「地球温暖化への対応」では、「科学研究活動では通常、新しい原理・法則の発見、新しく観察された現象の合理的説明のための分析に重点が置かれる」のに対し、「健康・安全・環境政策の科学的合理性の確保を目的とする科学研究」である「レギュラトリー・サイエンス」について、
(1)レギュラトリー・サイエンスでは研究課題の設定から総括までのあらゆる研究段階で政策的検討が関与し、社会的文脈を色濃く反映する。
(2)レギュラトリー・サイエンスでは知識生産だけでなく、その知識に対する評価や知識に基づく予測が含まれ、通常科学以上にそれらに重点が置かれる。
の2点で通常科学(リサーチ・サイエンス)と異なるとしています。
 ユニット7「宇宙科学・探査への公的な投資」では、「さまざまな物理的・社会的プロセスから、特定の現象や側面を注目すべきものとして選び出すことによって問題を設定し、知識を組織化すること」である「フレーミング」について、「CTのスキルとして、自分おフレーミングから理解できないような意見の対立が生じたら、まず相手のフレーミングが自分のものと異なるのではないかと疑ってみることが必要である」と述べています。
 本書は、科学技術についてきちんと考えることが出来るための技術を身につけるために有益な一冊です。

■ 個人的な視点から

 ビジネスに役立つ「クリティカル・シンキング」をうたった本は多数ありますが、本来の使い方は「社会と科学の関わり」のようなシビアな世界にこそ使われるべきものであるのです。


■ どんな人にオススメ?

・社会と科学の上手な関わり方を考えたい人。


« 倭人伝、古事記の正体 卑弥呼と古代王権のルーツ | トップページ | 出版・新聞絶望未来 »

その他科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244312/54528340

この記事へのトラックバック一覧です: 科学技術をよく考えるクリティカルシンキング練習帳:

« 倭人伝、古事記の正体 卑弥呼と古代王権のルーツ | トップページ | 出版・新聞絶望未来 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ