« 「幸せ」の経済学 | トップページ | 卒業式の歴史学 »

2014年1月29日 (水)

のりもの進化論

■ 書籍情報

のりもの進化論   【のりもの進化論】(#2265)

  松浦 晋也
  価格: ¥1785 (税込)
  太田出版(2012/8/18)

 本書は、「現代のモビリティに空いた穴を検討することで、次世代の新しいモビリティがどんなものになるかを考察」するものです。
 第1章「自転車進化論」では、「普段われわれは、自動車を便利に使っている。しかし、一度大規模災害が発生すると、自動車はわれわれのモビリティを確保する道具として役に立たない。それどころか、一気に有害な存在にすらなりうる」と述べた上で、「郊外に居住し、首都圏に勤務しており、なおかつ地震の際にどうしても帰宅したいと思う人は、折りたたみ自転車を買おう」と提案しています。
 また、ローラースルーGOGOが交通事故をきっかけに新聞から大きくバッシングを受けた事件について、「新たなモビリティをもたらす乗り物が、『なにか変なものが生活の中に入り込んできた』という人々の違和感や恐怖感によって普及を妨げられる可能性を示している」と述べています。
 第2章「アリストテレス号からニュートン号へ」では、「乗り物はすべからくエネルギーを使って様々な抵抗に打ち勝たねば移動できない。その意味ではすべての乗り物は『アリストテレス的』であり『アリストテレス号』とでも呼ぶべき存在だ」とした上で、「すべての運動に対する抵抗がゼロの、ニュートンの運動法則を体現した仮想的な乗り物『ニュートン号』を考えてみよう」と述べた上で、「これだけ抵抗を減らせる特性があるとすると、トライクこそはこのアリストテレス的な環境の地上において、もっとも『ニュートン号』に近い乗り物となる可能性があるのではないだろうか」と述べています。
 また、「電動モーターという動力源は、ベロモービルとの組み合わせに向いた特性を持っている。まず、低回転数から大きなトルク(ねじりの強さ)を発生することだ。これは停止状態からの加速をアシストするのに向いている」と述べています。
 第3章「自動車を巡る基本的な構図」では、宇沢弘文の『自動車の社会的費用』について、「自動車の利便性は、社会の様々な方面にツケを回すことで維持されている」と指摘した上で、「自動車の社会的費用を下げる一番簡単な方法は、自動車を小さくすることだ。小さな自動車は、道路の専有面積が小さいし、車重が軽い分道路を傷めない。軽いということは燃費の良さにもつながるし、大気に排出する汚染物質の量も減る。つまり、次世代のモビリティのために、自動車は現在の利便性を保ったままで、より小さくなる必要がある」と述べ、1979年に建築家の上田篤が提案したコンセプトカー「ツボグルマ」を紹介しています。
 第4章「新たな利便は創出されたか」では、モノレールについて、「来るはずだったけれども、結局来なかった未来のビジョン」という印象が張り付いていると指摘した上で、モノレールの利点として、「線路の幅が狭く、比較的安価に高架線を敷設することができる」ことを挙げています。
 また、「同じ三菱サフェージュ方式を採用した路線でありながら、湘南モノレールは筋肉質の引き締まった路線である一方、千葉モノレールは、はっきり書くなら最悪の路線である」と指摘し、「『市役所と県庁への通勤に便利』というお手盛りと、『千葉市役所と千葉県庁を千葉駅経由で結びたい』という見栄とで路線を決定したようにみえる」と述べています。
 第5章「住みたくなる街のモビリティ」では、路面電車のデメリットとして、
(1)速度が遅い。
(2)自動車と路面を共有するので、自動車交通の邪魔になる。
(3)輸送力が小さい。
の3点を挙げる一方で、
(1)路線敷設コストが低い。
(2)市街地に稠密な路線網を低コストで敷設することができる。
(3)既存鉄道と相互乗り入れ可能。
(4)階段の上り下りなしに、路上から直接乗降できる。
の4点をメリットとして挙げています。
 本書は、次世代のモビリティの様々な可能性に思いを巡らせることができる一冊です。

■ 個人的な視点から

 本当なら自転車はもっと移動手段としての中心的な位置づけをもらっていてもおかしくないと思います。
 なにしろ人力で動く。
 一部の自転車マニアの人達はさておき、もっとスマートな自転車の利用方法が考えられたらいいなと思ったりするのです。


■ どんな人にオススメ?

・自転車にしばらく乗っていない人。


« 「幸せ」の経済学 | トップページ | 卒業式の歴史学 »

その他科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244312/54780767

この記事へのトラックバック一覧です: のりもの進化論:

« 「幸せ」の経済学 | トップページ | 卒業式の歴史学 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ