« 災害・崩壊・津波 地名解: 地名に込められた伝言 | トップページ | 女子と就活――20代からの「就・妊・婚」講座 »

2014年1月 2日 (木)

サボり上手な動物たち――海の中から新発見!

a■ 書籍情報

サボり上手な動物たち――海の中から新発見!   【サボり上手な動物たち――海の中から新発見!】(#2242)

  佐藤 克文, 森阪 匡通
  価格: ¥1,575 (税込)
  岩波書店(2013/2/7)

 本書は、「世間の人々が抱いている野生動物観からちょっと外れた〈本当の姿〉を紹介するものです。
 第1章「実は見えない海の中」では、「動物に小型の記録計を取り付け、野生の生息環境可における動物の生態をしらべるやり方」である「バイオロギング」について、「日本のグループが、装置の小型化に加えて、深度や温度以外にも新しいパラメータを測定できる装置を次々と開発し、この分野を牽引してきた」と述べています。
 第2章「他者に依存する海鳥」では、「オオミズナギドリは同種の他個体が水面にいるとそこに自分も舞い降りるという行動指針で振舞っているようであった」として、「他人が餌をとっているところに自分も参加する」というものであったと述べています。
 また、「動物の生態研究では、何かを始める前にまず何を明らかにするの科目表を立て、それを達成するために手段を選び、野外調査や実験を行うのが通例だ。研究を始めると、なかなか目標は達成できないもので、予想外の結果がもたらされることも多い。想定外の結果のほうが面白かったりすると、当初目指していた目標とは別の路線に研究が発展することもある」と述べています。
 第3章「盗み聞きするイルカ」では、「スナメリは、音による探索をたまにサボる」として、「だいたい5秒に一度はしっかりとまわりを探索するが、しばらく音を出さない時間がある。そして再び音を出す。しかし単にサボるだけなのではない。サボる前に音で前方を探索し、きちんと前方の状況を把握した上でサボっているのだ」と述べた上で、もうひとつの例として、「イルカは他のイルカのエコーロケーションを『盗み聞き』している可能性がある。つまり、一緒に並んで泳ぐ個体のうち、一頭が発したクリックスの跳ね返り具合を他の個体も聞いて、前方の障害物の情報を得ている、という考えである」と述べています。
 第4章「らせん状に沈むアザラシ」では、「野生動物は、いつでも最大限がんばっているわけではなく、淡々と動き、そして結構長時間休んでいた。そんな実態を把握できるようになったのは、記録計を使った手法による大きな進展だ」と述べています。
 第5章「野生動物はサボりの達人だった!」では、「われわれ人間は、ついつい動物の最大能力に目を奪われがちだが、動物の真の能力は最大値ではなく平均値にこそ現れる。ごくまれにしか行わない最大値の動きより、日々の暮らしぶりに着目することで、彼らの生き様を正しく理解できる。深いとか、長いとか、速いといったことに感心するのはもうやめよう」と述べた上で、「本来持っている能力をすべて発揮することなく、ときには同種他個体や他種、あるいは人間に頼ってまで餌とりという目的を達成している野性動物たちは、一見サボっているようで、実は能率を重視して暮らしていたのであった」と述べています。
 著者は、「サボっていると書いてはみたが、動物たちが行なっているのは目的を達成しつつ手を抜く行為、すなわち効率の追求だ。最大能力のかなり手前に最も効率よい動きがあり、多くの動物達は滅諦に最大能力を発揮せずに暮らしていた。それどころか、しばしば他個体に頼って生きていた。これこそ、自力で餌をとりつつ日々暮らしていかなければならない野生動物が、やむにやまれず選択した効率を上げるやり方であった」と述べています。
 本書は、野生動物の本当の姿の一面を見せてくれる一冊です。


■ 個人的な視点から

 野生動物は自然に生きているからこそ無駄なエネルギーは使わないっていうのは非常にわかりやすい。どこぞの精神主義の職場にも野生動物が来てくれたらいいのにね。


■ どんな人にオススメ?

・野生動物は力の限り生きていると思っている人。


« 災害・崩壊・津波 地名解: 地名に込められた伝言 | トップページ | 女子と就活――20代からの「就・妊・婚」講座 »

その他科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244312/54422211

この記事へのトラックバック一覧です: サボり上手な動物たち――海の中から新発見!:

« 災害・崩壊・津波 地名解: 地名に込められた伝言 | トップページ | 女子と就活――20代からの「就・妊・婚」講座 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ