« 自治体行政の領域-「官」と「民」の境界線を考える | トップページ | 東海地震も関東大地震も起きない! ~地震予知はなぜ外れるのか »

2014年1月15日 (水)

「左脳・右脳神話」の誤解を解く

a■ 書籍情報

「左脳・右脳神話」の誤解を解く   【「左脳・右脳神話」の誤解を解く】(#2252)

  八田 武志
  価格: ¥1680 (税込)
  化学同人(2013/3/30)

 本書は、「左右脳研究の歴史的な経緯を振り返ることと、左右脳研究の過程で生み出された科学神話――『右脳神話』と『日本人の脳神話』――について考えること」を目的としたものです。著者は、「稀有といっても誇大ではないほどの持続性をもち脳科学ブームの先駆けといえる離断脳患者における左右脳の機能差(左右脳研究またはラテラリティ研究)の話題に、初期から関わってきた」として、「左右脳研究の歴史的変遷を概観しながら、脳科学情報のあるべき受け取り方について考えること」も本書の狙いの一つだとしています。
 第1章「左右脳研究とは何なのか?」では、「現在、ほとんどの人が見聞きする右脳や左脳の役割が扱われる話題の原点は、1960年代半ばから発表された、左右の脳を結合している神経線維を、てんかんの治療のために切り離した人を対象とした、いわゆる離断脳患者を用いた実験結果にもとづいている」と述べた上で、左右脳差を調べた結果の主なものとして、
(1)左脳だけが言語の働きを担うのではない。右脳は話せないが10歳児が理解できる程度の語彙をもつ。
(2)右脳のほうが左脳より優れる働きがあり、空間認知能力はその代表例である。
(3)情報を処理する様式に左右差があり、左脳は言語を媒介した処理、分析的、経時的な処理に優れる。他方、右脳は画像を媒介とした処理、全体的、同時的な処理に優れる。
の3点を挙げ、注意深く原著論文を精査すると、
(1)情報を処理する様式の差に関する知見は確固としたデータに基づくとは言いがたい。
(2)実験的に明らかとなった差異は相対的なものである。
(3)実験対象者が少数に限定されている。
等、注意が必要で十分な追認実験が行われていないものであることを指摘しています。
 そして、「左右脳差のみがメディアでは強調して取り上げられた」理由として、「左右という二分法的な話の単純さがメディアに好まれたため」だと述べています。
 第4章「左右差確認の時代」では、「150年ほど前までは左右の脳の働きの違いが指摘されることはなく、50年ほど前までは左右の脳は対象であると信じられてきた」が、失語症患者を診断したブローカが「左脳の第三(下)脳回(前頭葉の下部)が、言葉を話すことに必要な運動を秩序だてる働きをしている」と結論づけ、1885年には「われわれは左脳で話す」と宣言したと述べています。
 そして、「あくまで相対的に推計学的のも意味がある程度に違いがあることを左右脳差というのであり、右脳が優れるとか左脳が優れていることの実態である;一方だけが可能で、他方の脳にはその機能が存在しないかのように思っていたという読者にはショックかもしれないが、現実は2~3割程度成績がよいという事実を指しているに過ぎない」と述べています。
 第7章「左右脳研究の展開――発達と左右脳差」では、単純な結論に修正が加味される過程は、「科学的な検討では当然のこと」だが、「メディアが伝えたがっているのは最も単純な結果」であり、「紋切り型の表現であり、これこれの条件が加わったり減じられたすると結果は一様でなくなる、という段階の知見はメディアから忌避されることになる。そのために、メディアが伝える科学情報は嘘とも言えないが正しくもない情報になる」と指摘しています。
 本書は、「脳ブーム」と呼ばれる状況がどのように作られてきたかを教えてくれる一冊です。


■ 個人的な視点から

 「右脳人間・左脳人間」という言い方はすっかり世間ではお馴染みになっていますが、本書の大事なところは、それが正しいか嘘であるかではなくマスコミはその言葉が人々の目をひきつけるかどうかを基準にしているということでしょうか。最近ではネットでお馴染みのいわゆる「釣りタイトル」的なテクニックをマスコミは何十年も前から使っているということです。


■ どんな人にオススメ?

・自分が右脳か左脳かをつい考えてしまう人。


« 自治体行政の領域-「官」と「民」の境界線を考える | トップページ | 東海地震も関東大地震も起きない! ~地震予知はなぜ外れるのか »

その他科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244312/54598814

この記事へのトラックバック一覧です: 「左脳・右脳神話」の誤解を解く:

« 自治体行政の領域-「官」と「民」の境界線を考える | トップページ | 東海地震も関東大地震も起きない! ~地震予知はなぜ外れるのか »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ