« 維新政府の密偵たち: 御庭番と警察のあいだ | トップページ | フォールト・ラインズ 「大断層」が金融危機を再び招く »

2014年2月21日 (金)

ネット選挙とデジタル・デモクラシー

■ 書籍情報

ネット選挙とデジタル・デモクラシー   【ネット選挙とデジタル・デモクラシー】(#2286)

  西田 亮介
  価格: ¥1365 (税込)
  NHK出版(2013/9/20)

 本書は、2013年7月の参院選挙から選挙運動にインターネットを利用できるようになったにもかかわらず、「有権者と政治家の双方向のやりとり——たとえば政策論争——は活性化せず、新しい変革が生じなかった」という問題について、2013年参院選におけるネット選挙の動向と、そこから派生する諸問題を論じたものです。
 第1章「ネット選挙解禁と、二〇一三年参議院選挙」では、「ある技術の普及と、政治や民主主義の根幹でもある選挙において、それらを自由に利活用するという話は、本来は別問題である。技術が健全な民主主義を阻害するようであれば規制が必要であり、民主主義の発展に寄与するのであれば、利用を促すべきで、随時検討が必要だ」と述べています。
 そして、今回の選挙で、「ネット中心に選挙運動を行うことを明言する候補者たち」が注目を集めたが、「投票先を決める上で、インターネット選挙運動を参考にしたか」という質問に対して、出口調査では「参考にしなかった」が86.1%、「参考にした」が10.2%であったと述べています。
 著者は、「ネット選挙は解禁されたものの、現状では、ネット選挙のみで十分な数の票を集め当選に至ることは難しく、所属する政党や、『地上戦』と呼ばれる従来型の選挙運動のほうが当落に顕著な影響を与えている。そして政党単位で見ると、ネット選挙解禁の過程から準備を進めてきた自民党や、支持基盤が強固な公明党や共産党も、その支持層とより緊密なコミュニケーションを行う手段としてネット選挙を利用している。ただしそれらの諸条件によっては、ネット選挙も当落に影響することがある」と総括しています。
 第2章「なぜ選挙に情報技術を導入するのか〜民主主義の理想、あるいはデジタル・デモクラシーを求めて」では、「ネット選挙で露呈したのは、情報技術と政治・社会の接点が増加したことで、両者の間で摩擦が生じているということだ」とした上で、「情報技術が政治・社会を変革する」という価値観を暗黙の前提にするべきではないと述べています。
 また、「ネット選挙解禁は、ここまで述べてきたように結果として自民党に資するものであった。それは2000年代を通して移民等が取り組んできた広報戦略と体制改革の一つの到達点でもある」と述べています。
 そして、「『ネット選挙』という言葉は、ともすればボトムアップで政治を変えていくという議論や投票率の向上といった、本書でこれまで記したような根拠の乏しい言説への期待感を生み出してきた」が、「選挙が短期的に直接的な利害関係をもたらす政党や政治家にとっては、ともすればネットの双方向性を活かして政策論争を行うといった理念型としての民主主義を追求するよりも、政治マーケティングやPRの手法としての利活用へと傾きがちである」と述べています。
 さらに、「マスメディアを通じた政治の透明化が、政治マーケティングと同等に機能するためには、やはりメディアの平時からの取り組みや技術の向上、ガバナンスの構築を通じた緊張関係の構築が不可欠だろう」と述べています。
 付章「海外レポート 広がるデジタル・デモクラシーの波〜ドイツ海賊党の光と影〜」では、2006年1月にスウェーデンで生まれた「インターネット時代に合わせて著作権や特許などの現行制度を変革しよう」と主張する「海賊党」がドイツにおいて2009年の連邦議会選挙で2%を得票、党員数が1万人を超えるなど「政党として最も大きな成功を収めた」と述べた上で、政治参加を促す上で、インターネットを使った「液体フィードバック」を武器としているとする一方で、「何事にも決定まで時間がかかりすぎる、具体的な問題についての解答がない」などの課題を指摘しています。
 本書は、本格的に始まったネット選挙の現実と課題を浮き彫りにした一冊です。


■ 個人的な視点から

 ネットはあくまで道具の一つであって、その新しさと古さの両方をわかっていないと怖いものだと思いました。


■ どんな人にオススメ?

・ネットで政治がすっかり変わると思っている人。


« 維新政府の密偵たち: 御庭番と警察のあいだ | トップページ | フォールト・ラインズ 「大断層」が金融危機を再び招く »

行政その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244312/55036123

この記事へのトラックバック一覧です: ネット選挙とデジタル・デモクラシー:

« 維新政府の密偵たち: 御庭番と警察のあいだ | トップページ | フォールト・ラインズ 「大断層」が金融危機を再び招く »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ